安全出会い系サイトの選び方

世に言う出会い系サイトの数は、おそらく1000は超えるのではないでしょうか。
それほど現代社会では、出会いの欲求が高いことを示しています。
一見、奔放な若者が増えて、出会いの機会は昔より随分と広がったように思えますが、実際にはそれほどでもないということでしょう。
我々の周囲にも、結婚をしていない若者や一人でいる適齢期者が随分といます。
女性の社会進出によって、高学歴化・高収入化が促進され、結婚だけが女の人生の解決策ではないことを、女性たちが知ってしまったからでしょうか。

または、草食系と称される男性が増えてきたことも一因でしょう。
男性にとって「身を固める」ことは、食生活を安定させる意味もありました。
ところが、現在は「チンするだけ」の調理済みの食品が溢れ、「男の料理」が盛んになりました。
男の料理を歓迎する風潮が主流とさえなっています。
しかし、やはり異性がいないという「心の隙間」は厳然と存在します。
そんな「心の隙間」を埋めるのを手伝ってくれるのが、出会い系サイトなのかもしれません。

ここで出会い系サイトの選び方を考えて生きましょう

◆いかがわしい写真やセフレ・逆援とか「すぐやれる」とかが氾濫するサイトは問題があります。
まず、女性はそんなサイトには集まりません。
女性が集まらなければ出会いはありません。

◆運営年数が10年を超えていること。
でたらめな経営は10年はもちません。
運営年数が長ければ、それだけリピーターが多いということです。

◆会員数が多いこと。
会員数が多いといっても、出会える確率が上がるわけではありません。
しかし、それだけ信頼性があるという証明にはなります。

◆メールの送信料にそのサイトの本性が出ると言われています。
悪徳サイトの場合は、送信料は300円から700円がかかります。
あと直アドの交換には1.000円ほどかかります。
優良出会い系サイトの場合は、送信料が50円から70円、直アドにいたっては無料なのです。

◆「本サービスに登録すると、○○サイト・△△サイトに同時登録されることを承諾……」というような記述があればNG。
優良サイトは同時登録がありません。

実際に街中で女性に声をかけて、自分のものにしようなどと画策することは、今の世の中成功率を上げることなどできません。
「不審人物」として警察に通報されかねません。
「ネットでナンパ」するほうが現実的です。
しかしそれには、「下準備」というものが必要です。
そこで次には、ネットナンパを成功させるための「下準備」について述べていきましょう。

「注意事項」として覚えておいてください

◆出会い系の知識がまるでない管理人が運営しているサイト。
規約などがほかのサイトのコピペで固められ、運営者に基本的な自覚がないもの。

◆悪徳業者が自作自演サイトを載せて、優良サイトの中に自分のサイトを紛れ込ませる手口。

◆第三者のレビューサイトにアルバイトを雇い、自分に有利な情報を口コミさせる手口。
以上、挙げたものは基本的な注意事項ですが、
精通した人でもたまにだまされることがあるほど、悪徳業者は数多くいます。

出会い系サイトの利用を考えている人は、出会い系サイトを構成している男女比について、考えておく必要があります。
普通の出会い系サイトの場合の男女比率は、男8に対して女が2という割合なのです。
有名で人気のあるサイトと言えども、男7対女3ほどなのです。
このサイトを構成する男女比を考えずに行動すると、悪徳業者に引っかかったり、高額な請求に苦しめられたりするのです。
例えば、「女性客が圧倒的に多いサイト」とか「逆援助交際で一回のサービスが30万円」とか「タレントみたいな子がウジャウジャ」などという触れ込みはNGです。
そんなはずがないからです。
ここに掲げたサイトの「男女比」を片時も忘れてはいけません。
「おいしい話には罠」が待っています。

現実社会では「メラビアンの法則」が支配しています。
「人は見た目が9割」的な考え方のことを言います。
「かわいい・やさしい」顔と態度ならば、ほとんどの人はその人を信用します。
その信用が最後まで続くとしたら、第一印象を軽く考えることはできません。
しかし、出会い系サイトの場合は違います。
視覚に頼ったメラビアンの法則・第一印象がないのです。
女性はプロフィールの言葉だけで判断しなければなりません。
ごく普通の書き方「こんにちは」などをタイトルに掲げると、絶対に目立ちません。
だからと言ってあまりにも奇抜だと、女性は第一歩から引いていきます。
「誠実・優しさ・明るさ」を旨としてください。
メール交換にいたっても「誠実・優しさ・明るさ」を忘れてはいけません。

具体的に「こんな男性は嫌われる」を述べていきます

◆しょっぱなからアドレスを聞いてきたり、「今から会いませんか」などと言われて引かない女性はいません。
もしそれにでも返事が返ってきたら、それは「サクラか売春か」とにかくまともな連中ではないでしょう。

◆「いきなりのため口とアゲアゲテンション」、女性は、馬鹿・軽薄・無責任のレッテルを即貼ってしまうことでしょう。
「明るさ」を履き違えている男性も意外と多いものです。
黙っていればいいものを、余計なことを数多く言って、場を白けさせる輩はどこにでもいるものです。

◆自分が相当長い間、趣味としてやってきたものであっても、第三者が見て「暗い・つまらない」と判断されそうなことは言わないようにします。
反対に「健康的にいこう」と思って、やりもしない「週末はサーフィンを楽しんで」などと作っても、空しくなるだけなので止めましょう。
本当に出会った時、うそがすぐばれてしまいますから。
「誠実・優しさ・明るさ」が基本ですから、これからはみ出るものはNGと心得ましょう。

コメントを残す




Menu

 TOP